選挙違反をなくす方法。検察は本当にアホですか。

 河井夫妻の選挙違反に関する裁判が始まったようです。ことは単純で、選挙区内の自民党員および非党員のそれぞれに対して、お金を渡していいならセーフ、渡していけないならアウトでしょう。どうせ動機なんてだれにもわかりません。そして、またしても検察が、収賄側を起訴しないというアホなことをしたがために、まともな裁判にはならなそうです。

 選挙違反をなくす方法は簡単です。立候補者がお金もちでなければいいのです。前にも書きましたが、政党助成金は廃止すべきです。大政党優遇の不公平な税金の使い方です。政党の運営費は、所属議員の会費で出し合うべき類のものです。民間はそれが普通です。そもそも国会議員は、十分な収入がある上に政務調査費というのがありますので、それ以上政治活動にお金はかからないはずです。余計なお金があるから、選挙違反があるのです。

 自分の給料だけで勝負しようという人は選挙違反などはしませんし、万が一なけなしの給料から選挙違反をしても、大した罪ではないように思います。以前にも書きましたが、選挙違反は当選という結果に結びつきにくい、効率の悪い行為ですから。

 

                          インターネット政党 ≪日本理晢党≫

                       インターネット政党(会派)≪公正選挙を実現する会≫

 

f:id:meijikaraheisei150:20200917185402j:plain